どれを選べば後悔しないのか!?アンティーク家具の選び方


第一印象を大切に一期一会で選ぶ

アンティーク家具は、装飾性の高い家具であり、価格も通常の家具よりも高価なものが多いです。このこともあり、アンティーク家具を選ぶ際に最も大切にするべきことは、第一印象ということができます。その装飾を美しいと感じるのか、ほしいと感じるのかを見極めましょう。アンティーク家具は同じデザインのものは多くなく、あったとしてもそれぞれが独特の存在感を持っています。一つ一つが一期一会であるので、第一印象を大切にすると、長く愛することができるでしょう。

アンティーク家具の状態で選ぶ

好ましいと思ったアンティーク家具であっても、状態が良くなければ使うことはできません。古い家具であるからこそ、傷や損傷が激しくないか、材質が腐っていないかを注意深く確認するとよいでしょう。また、たとえ傷がついていたとしても、修理・修復がなされており、愛情深く丁寧に扱われてきているかを確認することも重要です。長持ちさせるための処理が施されている店舗で購入すれば、安心できるでしょう。

部屋の中に入るかサイズで選ぶ

現実的な話、通常の家具を購入するうえでもサイズを確認することは非常に重要です。アンティーク家具は、その装飾性を楽しむ色合いが強い家具です。狭い部屋の限られた場所に押し込むように設置してしまっては、アンティーク家具を十分に楽しむことはできません。また、搬入経路を確保できなければ、アンティーク家具を傷つけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

用途と実用性を感じるかで選ぶ

アンティーク家具は、その当時に必要な家具であり、現代の暮らしでは必要のない家具である場合もあります。そのようなアンティーク家具を購入する際にも、無用の長物としないために用途や実用性を見出すことができるかで選ぶことも重要です。

アンティーク家具とは、英国で作られた昔ながらの歴史がそのまま継続されて残っている事や、大量生産をされていない事などから美術品として貴重な物の事です。