フォトブックに載せる写真は解像度の高いものを選ぼう!


スマホの中からお気に入りの写真を選んで本にする

スマホで撮影した写真はネットサービスなどを利用することでプリントアウトし、それをフォトブックにまとめることができます。スマホに保存してある写真は、そのままだと必ずしも閲覧しやすいとはいえません。というのは、重要なものとそうではないもの、プライベートなものと仕事に関係するものなど、いろいろな写真が混ざっているので見たい写真だけを見られるという風にはなっていないからです。お気に入りの写真をフォトブックにまとめておけば、いつでも好きなときに見ることができるのでとても便利でしょう。

フォトブックの作り方は難しくありません。専用のアプリをインストールし、お気に入りの写真を指定してアップロードするだけです。

解像度の低い写真を印刷すると粗が目立ってしまう

フォトブックの表紙デザインなどはサービス側が用意したものの中から選べますし、写真の配置も自動で行ってくれるシステムがあるので、本当にただフォトブックに載せたい写真だけを選ぶだけでいいのです。

ただ、一つだけ注意しなければならないことがあります。それは、写真の解像度です。古いスマホで撮影された写真は解像度が低く、スマホのモニターでは普通に見えたとしても、プリントアウトすると汚いイメージになってしまうことがあるのです。画像編集ソフトで解像度を上げることは可能ですが、そうすると全体がぼやけたような印象になってしまいがちです。したがって、フォトブックに載せる写真は解像度の高いものから選ぶといいでしょう。

フォトブックはスマホやデジカメの画像から製作できるアルバムのことです。データで画像を確認出来る今だからこそ、お気に入りの写真を手元に残したいという想いから、新たな写真の残し方として注目を集めています。