実は奥深い!?こだわりのメガネ選びの選択肢


様々な機能を持ったメガネがある

メガネと言うと近視や乱視、遠視などを矯正するためにかけるものですが、近年では様々な機能を持ったメガネが開発されています。例えば、パソコンを使用する人向けに、目に負担がかかるとされているブルーライトを軽減する機能を持ったものや、紫外線をカットする機能を持ったものなどがあります。また、昔は牛乳瓶の底と言われていたような分厚いレンズも、特殊な技術で薄くすることができたりもします。このため自分の視力やデザイン面だけでなく、それぞれの状態に合わせた必要な機能を考えてメガネを選ぶことが重要です。

格安メガネからブランド品まで価格も幅が広い

昔はメガネを1本作るのに2万円から3万円ほどかかるのが当たり前でしたが、近年では1本1万円以下、安いところでは5000円ほどでメガネが作れることも珍しくなくなりました。中には、1本購入すると2本おまけで付いてくるようなサービスを行っているところもあり、1本あたりの価格が2000円以下になるような格安メガネもあります。一方で、有名ブランドのものであれば、フレームだけでも10万円以上するようなものもあるなど、その価格の幅は非常に広くなっています。とりあえず視力の矯正ができればデザインなどはあまり気にしないという人や、メガネもファッションの一部と考えてデザインやブランドにもこだわりたいという人など、その人にとってメガネに対する考え方もそれぞれです。豊富な選択肢の中から自分の目的や考え方に合った最適なものを探すことで、より納得のメガネ選びができるようになります。

メガネは視力矯正を目的として使うので、レンズの度数合わせは事前の視力検査が不可欠です。眼科医か専門の販売店で検査を受け、現時点での正確な視力に基づいてレンズを作るのが適切な視力矯正に繋がります。