マイホームの居住性はこれで改善?壁面緑化の特性を学んで上手に活用しよう!


壁面緑化は室温の安定に役立つ

建物の壁に植物を這わせて一面を覆う壁面緑化は外観のイメージを変える他、室温の極端な変化を抑える働きがあります。植物の葉や蔓が日光を遮ることで遮熱性が向上し、室温が外気の影響を受けにくくなるのが特徴です。断熱効果を持つ建材のような気密性は無いので日光を遮りながら風は通します。そのため、空気の流れによる微妙な室温の変化で室内環境の安定を図ることが出来るのが大きな利点です。また、日光を遮ることによって壁が熱くならないのも利点の一つです。日照時間や建材によっては火傷するほどの高温になることがありますが、壁面緑化で日光を遮ることによって壁の高温化を避けることが可能になります。

実施の際は品種選びやお手入れが重要

壁面緑化は植物の育て方や立地環境を把握するのが成功させる条件です。建物の壁を覆う程の葉や蔓を茂らせることが重要なので、成長が早い品種を選ぶことを心がけます。また、水や肥料の与え方にも気を配る必要がある他、害虫や病気を防ぐためのお手入れも欠かせません。自然に任せたままでは壁を覆うほどの成長は見込めないので、ガーデニングの知識を持つことが重要になります。遮熱性のある壁面緑化に仕上げるためには品種ごとに最適な環境を整え、生育を妨げる無駄な枝を剪定するなどのお手入れも必須です。また、壁面緑化は葉や蔓が住宅設備を破損させる可能性もあるので安全管理にも気を配ることを心がけます。特に配線設備の破損は火災の原因になることから、こまめに剪定を行うのが効果的な対処法です。

壁面緑化は、別名緑のカーテンともいい植物を建物の外側に育成する方法です。省エネ効果や紫外線から外壁の劣化を軽減したり、地球温暖化を緩和するなどの効果があるとして注目されています。